スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8.28 競馬News 

8/30の馬番なし出馬表の発表時刻変更について

出馬投票を行った全馬について馬インフルエンザの検査を行うため、8月30日(木)の「馬番なし出馬表」の発表時刻が変更となりますので予めご了承ください。
「馬番なし出馬表」発表時刻 8月30日(木)19時10分頃 (通常、15時40分頃発表)
※ 出馬投票の受付時間を8時から10時30分とし、17時30分頃まで出馬投票を行った全馬について検査を行い、陽性馬の出馬投票を取消したうえで「馬番なし出馬表」を発表いたします。

アドマイヤムーン盾直行決定
ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社が、近藤利一オーナーから購入して話題を呼んだアドマイヤムーン(牡4歳、栗東・松田博厩舎)は、天皇賞・秋(10月28日、東京)にぶっつけで参戦する。26日、松田博調教師が明らかにした。
同馬は、宝塚記念を勝ったあと休養。現在は北海道早来のノーザンファームに放牧されている。馬インフルエンザの影響で、現在はトレセンに移ることができず、今後のローテーションが注目されていた。
松田博師は「馬は順調。天皇賞には直行する。牧場から戻して10日あれば使える訳だから」と発言。牧場とトレセンの間の移動が可能になる時期は定かではないが、秋の大目標に向け、じっくり調整していく構えだ。

25日の札幌出走馬が発熱、陽性
JRAは25日の札幌競馬に出走した馬1頭(馬名、競走成績などは非公表)が翌26日に発熱し、馬インフルエンザ検査の結果、陽性(感染)だったと27日、発表した。この馬は先週2回実施した検査では陰性で、レース当日の体温測定、検診などの結果、せきや発熱などの症状はなく、そのままレースに出走したという。23日の出馬投票後の検査以降、JRAでは出走予定馬に対するインフルエンザ検査を行っていないため、レース当日は陽性だった可能性も否定できない。
また、出走予定馬に対する検査とは別にJRAが公表している「インフルエンザ発症状況」(検査した発熱馬で陽性と分かった馬)の26日集計分が発表され、先述の1頭以外、陽性馬はなかった。18日をピークに徐々に沈静に向かっている。
なお、JRA施設外の移動制限解除のメドは「まだ立ってない」(JRA)という。先週18、19日の代替開催についても未定。今週9月1、2日の出走予定馬は既報の通り、30日の出馬投票後に検査を行い、陰性の馬だけ出走を認める。

馬インフルエンザ沈静化傾向
JRAは26日、馬インフルエンザによる18、19日の開催中止に伴い、来月の開催(中山、阪神、札幌)で番組を変更すると発表した。3歳未勝利馬の出走機会を増やすのが狙い。中山で6、阪神で7、札幌で8レースを増設。主に3歳500万下を減らすことで対応する。
JRAによると、25日の発熱馬は12頭いたが、陽性は1頭だけ。ピークだった18日(発熱馬96頭、陽性38頭)からは減少一途をたどっており、沈静化に向かっていると見られる。

メイショウサムソン(牡4歳)回避
高橋成師は26日、回避を正式に発表。「馬インフルエンザは陰性になったので時期を見て栗東に帰りたいと思うが、今しばらくは美浦にいることにします」と話した。秋は国内に専念する。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/28 22:23 ] 競馬News | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keibarevo.blog117.fc2.com/tb.php/15-9b00f53a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。