スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

菊花賞有力馬その2 

菊花賞有力馬情報その2

『ヴィクトリー』
音無師『90点以上はあげられる内容ですね。春は気の悪さを見せていたけど、ひと夏越して利口になって来た。岩田君には自由に乗って貰いたいし、他馬や枠に関しては一切気にしない。レースではとにかく折り合いひとつ。自分自身との戦いでしょう』と終始笑顔。鞍上の岩田騎手も『折り合いを意識しつつ長目から時計を出すなど、スタミナ強化に重点を置いた稽古を積んできました。その効果もあってムキになって走るような事もなくなってきたし、少なくとも暴走するような事はないと思いますよ』と満足の表情。
正直、なんでカッチーではないのか疑問が残るがソコは陣営が決めたこと。腹をくくるしかない。
この馬にとっては自分自身が最大の敵なのだ。

その他の有力馬について
有力馬情報はコチラ

『アサクサキングス』
大久龍師は『先週一杯にやっているし、直前は予定通り軽目の調整。前回は帰厩遅れの影響で急仕上げだったが、今回は休養明けを叩いたことで中身が全然違っている。夏を越して馬も大きく成長しているし、全ての条件を考慮しても今回が最大のチャンスだと思う』と目イチの構え。
『前走で気性もコントロールできるようになったし、今回は挑戦者なので思い切って乗るだけです』と語る四位騎手も明るい。
先行馬が揃った中でダービー2着の当馬が鬱憤をはらせるか?
引き続きダービーをウオッカで制した四位騎手が菊制覇に向けて準備万端!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

スポンサーサイト
[ 2007/10/19 00:18 ] 競馬News | TB(0) | CM(2)

>>temporalisさん

そうですよね~
今更馬と喧嘩せずに気持ち良く走らせて貰いたいですね
[ 2007/10/19 13:13 ] [ 編集 ]

すっかり模様替えされましたね。
ヴィクトリーのポイントは無理に控えない事でしょうね。
その点岩田騎手はちょっと心配、
持ち味を生かして欲しいものです。
[ 2007/10/19 11:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keibarevo.blog117.fc2.com/tb.php/122-ebf53850










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。